SPF50+ PA++++ 1本6役!多機能CCクリーム

日焼け止めとは

紫外線の種類と日焼け止めの数値

焼け止めを使う上で紫外線の種類を知った上での対策が必要です。


紫外線には紫外線A波(UVA)紫外線B波(UVB)の2つがあります。


UVAは波長が長いため、肌の奥深くまで届き、コラーゲン層を破壊し、黒くなるだけでなくシワやたるみなどの肌の老化を引き起こします。気をつけたいのはこの波長が長いという特徴が、窓ガラス・長袖・雨雲を通り抜けてお肌に到達するという性質があることです。


一方のUVBは、肌の表面で赤くなる炎症を引き起こし、その後がシミ、そばかすの原因となります。


日焼け止め製品はこの2つの紫外線から肌を守らなければならないのです。


日焼け止めを購入するときにPASPFで現された数値がありますが、これがこの2つの紫外線から肌を守ることの程度を表しています。


PA、SPFについては詳しく知りたい方は調べていただくとして、紫外線A波を受けて黒くなる(即時型色素沈着)までの時間をどれだけ引き延ばせるかを表すのがPA+ ~ ++++で程度を表しており、紫外線B波を受けて赤くなる(サンバーン)までの時間をどれだけ引き延ばせるかを表すのがSPF10~50+までの数値で表すというように理解してください。


PAの効果は PA++++、PA+++、PA++、PA+の4段階で表され+の数の多いほうが効果が高くなります。


SPFの効果はSPFの後ろに数値が入っています。大体10~50+の数字が書かれていると思います。この数値の意味は都市伝説のようなものがあって、時間の大きさを表しているといわれていることが多いです。でも、本当の意味は違っているらしいですが、大きいほど効果が高いということは間違いないです。


PAもSPFも数値が大きいほど紫外線対策としては効果があるわけですが、同時に肌に対する負担が大きくなるということに気をつけなければなりません。使用する状況、肌質を考えて使いましょう。

 

参考:生活シーンからみる日焼け度目のPA、SPF値

状況 PA値 SPF値
日常生活
(散歩、買い物等)
+~++ 10~20
屋外での軽い
スポーツやレジャー
++~+++ 20~30
炎天下でのレジャー
リゾート地でのマリンスポーツなど
+++~ 40~50+
非常に紫外線の多い場所
紫外線に特別過敏な人
++++ 50+

※疾病に伴う紫外線に特に過敏な人は医師の指導に従うこと
(参考:日本化粧品工業連合解放「紫外線防止用化粧品と紫外線防止効果」より)

 

日焼け止めが紫外線から肌を守る2つの方法


日焼け止めのブロックは、主に2つの方法のいずれかで行われるようになっています。


一つは紫外線散乱剤をつかい紫外線を反射させる方法で、もう一つは紫外線吸収剤を使って紫外線を吸収しエネルギー変換を行う方法です。このどちらを使うかということでタイプが異なってくるわけです。


紫外線散乱剤は金属酸化物を原料とすることが多く、自然の成分がほとんど、そのため肌への負担が少なく長持ちするのが特徴で、ファンデーションの原料としても使われるのでファンデーションを塗れば特別な日焼け止め対策は要らないとするものも在ります。欠点としては、つけたときに浮いたり、付け心地が悪いとも言われます。ノンケミカルという言葉を使って特徴づけている製品が多いです。


一方の紫外線吸収剤は、有機化合物を原料としています。紫外線の遮断は散乱剤より高いとされ、つけ心地も良いので扱いやすいですが、肌への負担は高くなり、また時間と共に紫外線と反応し変質、そのため効果が薄れていきます


ですから、状況によって使い分けることも必要になるわけです。

 


ゴルファー専用 日焼け止め!

 

 

 

 

 

リンク集

© 2018 日焼け止め rss